So-net無料ブログ作成

梅肉エキスがすごい!!インフルエンザが消えたかも!! [健康]

今週初め、朝登校前、長女が微熱・・・。
学校ではインフルエンザが猛威をふるい始めており、インフルかも!!と警戒しつつ休ませることに・・・。

とりあえず病院に連れていくことにしました。
あとで考えたら、インフルエンザの検査って発熱から7時間以上経たないと正確な判断ができないんですよね。

なので、検査はせずでしたが、微熱だということもあり、インフルではないのではないかという結論に至りました。
夕方までに38度から40度に上がるようであればB型のインフルである可能性があると言われ、様子見。

結局夜になって39.9度の高熱が[がく~(落胆した顔)]

間違いなくインフルだな・・・と思いつつも、タミフルとかは飲ませたくないので、辛そうな娘を病院に連れていって痛い検査しても薬をもらうだけだろうし、と思って、病院には行かず、学校にだけ「インフルエンザなので・・・」と休みの連絡を入れました。

さて、ここからが勝負!!
健康オタクな私の自然療法でインフル退治です。





看病の経過

まずは、強い殺菌作用のある梅肉エキス!!

いつ作ったんだっけな???[たらーっ(汗)]

何年も前に梅ジュースを作るついでに作っておいた梅肉エキスがあるんです。
コレ・・・
IMG_2064.jpg
なんだか見た目汚いですが[たらーっ(汗)]
すみません。

それをルイボスティーに少量まぜて娘に一日一回から二回飲ませるようにしました。

熱は日中は37度台になるんですが、夜になると40度近い高熱。
B型の症状ですねえ~。

熱はウイルスと戦っている証拠!
苦しそうでしたが、娘も私も頑張りました。

でも頭はしっかり冷やしてあげないといけません。
こんな時、私がする方法は、洗面器に水を張り、そこにオレンジとローズウッドのアロマオイルを数滴垂らします。

その水で絞ったガーゼハンカチをおでこに乗せるとあら不思議。
アロマの効果か、不安そうで苦しそうな息遣いをしていた娘が落ち着くんです。

本当はその水にクレイを混ぜるとよいそうで、前はクレイを混ぜてたんですが、なくなってしまったので、今回はなしで。
それでも適度に冷たくいい香りのおでこのタオルで気持ちよくなってよく寝てくれました。

そんなことを朝まで何度も繰り返す三日間。

月曜に発症して、木曜の昼過ぎ・・・。
10ヶ月の次女が今度はなんだかあったかい。37.8℃。
いやな予感がするなぁ~と思ったらお昼寝から冷めたら体が熱い!!
ハイ。38.5度~[どんっ(衝撃)]

うつりました[ふらふら]

B型の潜伏期間は1日から3日間だそうで。
まぁ、そんなもんでしょう。

うちは、主人が熱性けいれんの経験があり、長女ももれなく熱性けいれんもち。
遺伝性なのです。
なので、インフルで40度とか出たら、次女もけいれんを起こす可能性が高いんです!!
なので、次女には抗インフルエンザ薬を使うほうがいいのかなと思い、病院に連れていくことにしました。

でも、まだ発熱したばかりで検査できないけど、不安だし・・・と思いつつ病院に電話して相談したら、「不安だろうから来て」と言われ、病院に・・・。

そして、長女を改めて検査してもらってインフルなら次女も確実にインフルだろうな・・・ということで、長女を検査することに・・・。
結局痛い検査をされてしまった長女・・・ごめんね・・・。

が!!
長女、あれだけ高熱が出てインフルっぽかったのに、陰性!!
先生曰く、熱が長引いてるところをみると、これは肺炎を疑わないといけませんね。と。

肺炎となると抗生剤を飲まなければならなくなってしまいますねぇ・・・・。
仕方ないので、抗生剤を飲ませることに。

とりあえず、長女がインフルじゃなかったので、次女はインフルではない可能性が高いということで、夜の経過を見て、高熱が出れば、翌日受診して検査を・・・ということで帰りました。

でも、熱が出るということはなんらかのウイルスが体に入ってるってことだからと熱が出た時点で次女にもルイボスティーに梅肉エキスを入れて飲ませてました。

そんな感じで夜を迎えたのですが、長女の咳がすごい!!
一晩中咳込んでほとんど眠れませんでした。

次女が寝たと思ったら長女が咳き込みおきる。の繰り返しで3人とも寝不足です。
でも次女は幸い、元気で目覚めたらハイ状態でしばらく起きて遊んでいるという・・・。

三度目の受診

次女は結局ずっと38.5度のまま横ばい。
それほど高熱じゃないし、やっぱりインフルじゃないかなと思ったので次女に関しては通院はしなくてもいいかと思ったものの、長女の咳がすごいので、やっぱり肺炎かと思い、受診。

ついでに次女も検査。

すると長女は肺炎になりかけ。
次女はまさかのインフルB!

は?
今週初めからずっとどこにも出かけず家にいましたが・・・???

病院でも、待合にはほとんど誰もいなくてインフルの患者さんとは接触してないですよ。

ということは・・・。
長女がインフルだったけれど、かなり時間が経ってから検査したので、もしかしたら梅肉エキス効果でウイルスが消えて陰性だったとか?

しかも次女は高熱が出ることもなくめっちゃ元気にしてるのは、梅肉エキスで菌の増殖を抑えたから?

早速調べてみました!!
梅肉エキスのすごい力!!

一般財団法人梅研究会さんによると、
「梅肉エキスには体内に侵入した細菌やウイルスを食べるマクロファージを活性化する働きがあり、さらに数を2倍に増やしてくれるので、免疫力がアップする」
「梅肉エキスは微量でインフルエンザウイルスの活性を抑える働きがあることが証明されていて、ウイルス感染初期にウイルス活性阻害に高い効果があることも分かっています。」

ということです。

また、梅肉エキスに含まれるムメフラールという成分は、インフルエンザの副作用のない治療薬として開発されはじめているようですよ。

ひえぇぇぇ~~~!!
梅肉エキス。漠然といいだろうと思って飲ませてましたが、こんな素晴らしい仕事をしてくれてたんですね!!

ちなみに、私も受診してませんが、多分インフルBです。
高熱は出ませんでしたが、昨日一日寝込んだものの、今朝はすっきり目覚め、PCに向かっています。

今まで、家族がインフルに感染してもうつらなかったんですが、やっぱり乳児がいると完全に防御できませんね。

でも多分、軽く済んだのは梅肉エキス様のおかげだと確信しました~~~!!

長女は多分インフルだったけれど、梅肉エキスで早いうちにウイルスを追い出し、陰性を出し、次女と私は軽く済むという。

長女は肺炎になりかけてしまいましたが、なんとか今日はよく寝てくれたので、私もよく眠れました。
明日から学校に行けるかな~~~。

皆さん!梅肉エキス!すごいですからぜひ、一家にひとつ常備しておきましょう~。

サプリックス 紀州産青梅100% 梅肉エキス 90g

新品価格
¥1,592から
(2016/2/21 07:41時点)




作ると安くできますよ~~~。

梅肉エキスの作り方

材料

青梅 好きなだけ・・・ 2kgで80g程度になります。

1.梅をすりおろす
2.ガーゼなどで濾す
3.ホーローの鍋で煮詰める(途中であくを取ってください)

こげつきやすいので、常に混ぜ続けることがポイントです。

そんな大量の梅をすりおろすなんて!!という方!
ジッパー袋に梅を入れて麵棒でバンバン叩いて種を取った後、ミキサーやブレンダーにかけてそれをガーゼでこすと楽ですよ。

一度作ると何年でももつので、たくさん作っておくとよいですよ。

梅肉エキスは他にも血液サラサラ効果やガン、白血病などなどいろんな病気にいいそうなので、健康維持のために毎日取り入れるのもよさそうです。
私も次の梅の季節には大量に作って毎日欠かさずに摂ろうと思います[ぴかぴか(新しい)]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。